転職面接で会社を辞めた理由を聞かれた場合

転職面接のモデルケース。
面接官「せっかく入った会社をなぜすぐに辞めてしまうのですか。
」応募者「1年ほどですが、実際に働きながら社内でさまざまな先輩の様子を見るなかで、自分の将来の姿をおおよそイメージできるようになりました。
自分で選んだ会社ではあるのですが、その姿は私の目指している将来像とはかけ離れており、このままでいいのかという違和感を覚えたので、改めて自分と向き合い、将来を真剣に考えようと思いました。
その結果、転職という選択を強く意識するようになりました。
」面接官「では、そもそもなぜ今お勤めの会社を選んだのでしょうか。
」応募者「はい。
正直に申し上げまして、大学生で就職活動をしていたころは、内定をいただいた会社のなかから、待遇が一番よさそうで、入社したら両親が喜びそうな、有名な会社を選んでしまったことは否めません。
当時は将来像をあまりイメージできておらず、この会社が自分にとってふさわしいかどうかを意識していなかったのは失敗だったと反省しています。
」といったように短絡的な退職理由は避けて、いったん立ち止まって考えたと説明するのがポイントです。

地元福岡で転職探し

ラブフル

遺言作成するにあたって悩むことの一つに葬儀の手順があります。手順を確認して自分がどのように葬送されたいか想像してみてください。

Loveful

どのようなお葬式をお考えですか?内容や予算を明確にすることが大切です。

最新投稿

  • かならず年収が上がる転職の仕方

    どうせ転職するなら年収が上がった方が良いと思われる方が多いでしょう。
    年収が上がる転職の仕方は …

    続きを読む...

  • 20代は転職に向いているのだろうか

    20代の方でも転職したいと考えられることはあるでしょう。
    上司とうまくいかなかったり、会社の仕 …

    続きを読む...

  • 40代でも良い会社に転職することはできる

    40代の方でも転職を考えることはあるでしょう。
    一般に年齢を重ねると仕事を変える時に不利になる …

    続きを読む...

  • 中高年の転職者は職務経歴書の枚数が多くなりがち

    職務経歴書と言えば、キャリア式や編年式がポピュラーです。
    これらのどちらかのスタイルを採用して …

    続きを読む...

お知らせ